正社員や派遣社員、アルバイトなどとして雇われた場合、業務になれていない期間が定められることがあります。

まだ、その会社で仕事を始めてからまだ日が浅く、退職金がでない、勤務態度が悪い場合は解雇ができるといった会社側に有利な条件の期間となります。

そんな試用期間や研修期間中でも退職代行サービスを利用することができるのかを考えていきたいと思います。

試用期間とは?

試用期間という言葉はよく耳にしたことがあると思いますが、どういった期間のことかということを正しく知る必要があります。

試用期間とは、正社員や派遣社員などで職場に配属になった新卒や中途採用社員に適用されます。企業は面接や採用試験などにより人材を募集しますがそれだけでは図ることのできない実務能力などは入社してから見られることになります。

その際に、どうしても業務に関する適性や能力が低く会社でやっていけないというケースが出てくる可能性も十分に考えられます。

その場合に、会社は雇用した社員を解雇する権利を持っている期間というのが試用期間ということになります。

試用期間を設けることは労働契約上のみで、労働法などの法律で試用期間を定めているわけではありません。

通常は2~3カ月が試用期間として適用され、多くの企業が採用時に試用期間を定めています。

会社側が解雇する権利を有しているとは言っても、解雇するためには客観的に正当な理由が必要となります。また、解雇しやすい期間は採用後14日間のみであり、その後は通常の解雇と同様の手続きを取る必要があります。

また、試用期間に置いても、解雇されて裁判となった場合の判例は、労働者側に有利なものばかりで、解雇しやすいとは言うものの、実質、正規の正社員や派遣社員と何ら変わりがないと言えます。

試用期間、研修期間中であっても、退職代行は利用できる?

試用期間中という事で半人前というような印象を受ける人も多いかと思いますが、労働法上は試用期間中であっても通常の社員と何ら変わりがありません。

試用期間はよくお試し期間という言い方をされますが、雇用されてからの条件は全くお試しということはありません。

そんな試用期間中でも、試用期間だからということで、仕事ができない代わりに長時間の労働を強いたり、休日出勤などを命じるなど、会社側の横暴が見えることもあります。

試用期間中ということもあり、自分は仕事ができず、会社に迷惑をかけていると感じてしまう人も多く、こうした試用期間中の無理がそのまま試用期間後も続くと言ったことも考えられます。

こうなってしまっては、試用期間は社員に無理をさせる口実上の期間になってしまいます。

試用期間中に多くの無理に気が付き、辞めてしまいたいと考えても試用期間という期間が壁になってしまうことがあります。そんな場合でも退職代行サービスを使えば、辞めることが可能です。

試用期間は形骸化している 通常と同じ退職代行を

試用期間という期間は、法律上の労働者の区分けはなく、雇用保険や年金などは正社員や派遣社員と同等の扱いを受けます。

また、入社後14日を超えると解雇しやすいと言えども解雇予告など通常の解雇と同様の手続気を踏まなければなりません。

そもそも日本の多くの企業では試用期間は形骸化しており、慣例で設けているだけで実際に能力不足で解雇されるというケースは皆無と言えます。

こうした状況から、試用期間中であっても通常の労働者と同様の退職手続きを踏んでもよいということになります。

勿論、退職代行を使っての退職も可能です。試用期間中などを気にせずに、退職代行を使って退職を行うことも一つの選択肢として挙がってきます。

合わない仕事、職場であれば試用期間中であっても早ければ早いほうが良い

試用期間中に退職をしてしまうと期間が短いため、転職先での採用試験時の印象が悪くなるという意見もあり、試用期間中は退職しない方がよいと勧める人もいます。

しかし、それは転職先の採用面接時に退職した会社の状況や、辞めざるを得ない状況に追い込まれたなどの理由を説明すれば全く問題のない所と言えます。

むしろ嫌な会社に居続けて、精神を壊してしまうよりはよっぽどよいのではないかと考えます。試用期間というのは、会社側に都合の良い期間でもあり、形上残しているだけという会社が多いというのが実情です。

次の転職のことを考えて、試用期間だからという理由だけで嫌な仕事を続けるということは、精神を病む可能性もあります。

こうした場合には退職代行を使ってでも早期に退職する必要があると言えます。

日本では、働くという漠然とした何かに取りつかれている人が多い

学校を卒業すれば、働いて生活費を稼いでいかなければ、生きていくことができません。親元を離れているような人であれば尚更です。

では、働くとはどういうことを言うのでしょうか? 日本人の多くは、働く、仕事というものがある種の宗教的な役割をしているようにも感じます。

しかし、もとをただせば、仕事は生活のためにあるもので、仕事のために生活をするわけではありません。

簡単に辞めるものではない、入社後すぐに辞めるものでないというのも、会社信仰とも言えるような空気に包まれて出来上がったものとも言えます。

こういう状況だからこそ、解雇がしやすいと言われているが、実際には解雇などできない摩訶不思議な試用期間という期間が存在しているのです。

試用期間、研修期間に辞めることが気まずい、言い出しにくい方は退職代行サービスを利用するのも一つの手でしょう。

退職代行なら「SARABA」
・27000円のみで追加料金一切ナシ
・有給休暇消化の連絡、即日退社OK
・労働組合なので弁護士同様に交渉可能
・年中無休24時間対応で相談無料